×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


香川 Sea Kayak Meeting 2002
2002年9月14日(土)15日(日)

【協賛・協力】

ベッセルおおち http://www.shikoku.ne.jp/vessel/
高階救命器具(株) http://www.tlpc.co.jp/
野遊び屋 http://www.noasobiya.jp/
(株)ゴーフィールド http://www.gofield.com/
Nanok http://www.land-art.co.jp/nanok.html

今回も?簡単にスナップの紹介にてレポートさせて頂きます。
1ページにまとめましたので?ちと重いです。ADSLユーザーには関係ないでしょうが・・・私はISDN。。。

             香川県大内町”野遊び屋”さんをベースに近くの山田海岸にて
             香川シーカヤック・ミーティングが行われました。 参加者はおおよそ50名ほど。

       1日目は予定通り開会式の後、スクール組み、シルクアイル・ツアー組み・ウオータータクシー組み
   
   と3グループに分かれ、漕ぎ漕ぎ。&ナノック・高階さんが用意してくれた試乗艇や各参加者の
        カヤックに試乗させてもらうなぞ。 楽しみました。&まぁ夜は宴会&オークションなどなど。
        2日目は残念ながら、強風となり漕ぎ漕ぎプログラムは中止。まぁ浜のお掃除なぞして閉会です。

会場までの道のり地図です。

我が家からは和歌山港〜徳島まで南海フェリー。徳島〜鳴門IC。鳴門〜高松道(白鳥・大内)
というルートが楽であると判断しました。往復費用 フェリー¥13150高松道¥1800 自走約150km
(高速道路を回っていくと往復で¥18200− フェリーの方が楽で安いのでした。ちなみに私の車は4m以下)


フェリー内。2時間で徳島港到着。


高松道は新しくていい道です。しかし和歌山の
海南湯浅道路のように片側1車線&センターは恐怖のポール


 


野遊び屋さんについて詳しくはこちらのバーナークリック

ベース”野遊び屋”さんです。


受け付けを済ませ会場の山田海岸にテントを張ります。


”ゴンZ”の基地・・・あやしい。


開会式です。
左から野遊び屋スタッフ”ごうさん””Ryuさん
ベッセルおおち支配人。 野遊び屋スタッフ”ショウジさん”


野遊び屋展望台より会場の山田海岸を望みます。
島の右手前の浜です。綺麗な景色です。

ちょっとあいにくの天気ですが。

んではウオーター・タクシー組みのツアー時のスナップです。


準備ですだ。各艇、海に向かい”やるき満々”


漕ぐ。


漕ぐ。。


休む。


振り向いてらっしゃるのは〜けむたま様
私,家に帰って名詞を整理するまでしりませんでした。
やば。。。
以後宜しくお願いします。


怪しげなカサラノ乗り2人m(_ _)m TO-BE氏 UDON氏


漕ぐ。。。


漕ぐ。。。。


お昼ですよ〜。上陸。


漕ぐ。。。。。

<ウオーター・タクシー・ツアーとは!>
少し長距離のツーリングで帰りは参加者、カヤックはお船で帰ってくる!という大名ツーリングなのです。
いいのか〜こんな贅沢。。。
ウオータータクシーツアーは野遊び屋さんのツアープログラムです。


だ〜んとお帰り第1便???ん。


この積み方はいかんだろ〜。
それも我が愛しのShoreちゃんが1番前。。。


帰りの船上から。いい感じの夕景なのです。


夜は宴会であります。オークションも有りました。
私は静かに酒をあおる。・・・お騒がせしてm(_ _)m
GLパドル使いKANさんMANAさん夫妻にっしー師匠


色んな料理を頂きました。
炭水化物はうどんです。



伊勢の名物!にっしー師匠やきいも号
相変わらずファンキーだぜい。


2日目は風が強く、朝食のあと浜の掃除をして
閉会となりました。
まぁ私は”にっしー師匠”について少し漕ぎ漕ぎしました。



なんだかんだ片付けなどした後、野遊び屋さんに
お昼にうどんまでご馳走になりました。

写真題名(うさんくさい、おやじ達。。。)
ゆっくりと談笑する”ゴンZ”にっしー師匠です。


ぬけがら。。。。俺じゃ〜 ファンが減るなこりゃ。



ベッセルおおちです。隣です。
温泉に漬かり、潮抜きしました。入浴¥700
野遊び屋さんで100円割引券をいただきました〜。


Shoreちゃんに破損個所があったので
にっしー師匠TOYO師匠のクリニックまで運んで
頂く事にさせて頂きました。ホッホッホ。


午後4時ぐらいまで野遊び屋さんでゆっくりしまして、いざ和歌山へお帰り。


解らないでしょ〜ね。 吉野川の河口です。
それがどうした?いや〜吉野川も漕ぎたいな〜と。


帰りのフェリー。
午後8時過ぎに和歌山に帰郷しました。


という事です?スタッフ&参加者の皆様ありがとうございました。
また次回ありましたら参加させて頂きます。やっぱ漕ぎ漕ぎ仲間?とお話するのは楽しいのです。


Back to Kayak        back to漕ぎ漕ぎ2002