×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


The 10th Anniversary 2002
奄美シーカヤック・マラソン in 加計呂麻

2002/7/7


またまた無謀にも昨年に引き続き奄美大島瀬戸内町で開催されます、奄美シーカヤックマラソンin加計呂麻大会に
参加してきました〜。いやいや〜今回は台風の連続でどうなる事かと思いましたが、なんとか楽しんできました。
またまたスナップ写真を中心にレポートしていきます。 ちと今回は写真を大きくしましたので、重かったらすいません

今大会は10回記念大会!私は昨年からの2回目の参加ですが
記念大会。何があるかうきうきです。
閉会式では、地元瀬戸内町嘉徳出身”元 ちとせ”のライブが決定!!!
(すごくいいタイミングで元さんがメジャーデビューしたものです。)

事前2週間前ぐらいに届いた出場許可証です。
  今回はこのIDカードがものすごい効力を
  発揮しました。同行者IDなども送られてきました
 さぁ奄美モード全開です。準備準備。うきうき

参加費用は昨年より¥2.000upして1万円に
なりましたが、その分おまけがすご〜い。


〜ではでは,大会前の準備から〜
 大会への参加受付は受け付け締め切り(開催40日程前)までに所定の用紙に必要事項、
 顔写真貼り付け、と保険証のコピーを主催者に発送します。参加費は同封して送るか
 金融機関での送金で申し込み時事前前払いです。

 
申し込み用紙は瀬戸内町に問い合わせで発送してもらうか、瀬戸内町homepageから
  ファイルでダウンロード出来ます。過去参加者には事前に郵送されました。
 昨今の大会では、締め切り後日でも、まれに参加を受け付けてくれていたようですが
 今大会は流石に10回記念大会と言う事もあり、参加が殺到した様で、締め切り後の
 申し込みは却下されたようです。(実の所、元ちとせ狙いの参加者も多かったのでは!)
我ら和歌山シーカヤッククラブMola molaでも例年のように後から申し込みでもいけるだろうと
ゆっくりしていた、アニマルさんとYUYUさんが参加できず、応援隊での奄美入りとなりました
 ということで?Mola molaからは私。だけの参加となってしまいました・・・。
 後の参加名簿を見ると、和歌山県からの参加も私だけでした・・・和歌山代表?!


愛艇Shore lineで参加する為前もって貨物便で奄美に発送します。
6月29日の大阪南港発の指定便に乗せる為前日お家で
プチプチで丁寧に包装してロープで亀甲縛り?
息苦しいだろうけど元気で先に奄美で待っててくれ〜。


6月29日大阪南港。
正午12:05分到着

 事前問い合わせで、午後4時くらいまでに大阪南港に
 持っていけばいいとのことだったので、まぁお昼前に
 付けばいいかな〜と10時半頃自宅を出発。
 到着はお昼12時ちょっと過ぎ。
 大島海運南港事務所に入って受付をしようとすると
 ”今〜お昼休みに入りましたので、すいませんが1時に
           出直してきてもらえますか〜”
とのこと
 うっ。そうか・・・それは仕方ない!しかしこれがまた
 ちょっとした事件の発端となるのです。

 午後受付して頂いて、艇を集積場に持っていきます。
 午前中に6艇程すでに持ち込まれていたようで
 その6艇のコンテナに同封するように,確認すると
 コンテナは、構造上?(上が空いたコンテナに平積でした)
 重ねられないとの事で、別のパレットに乗っける事に・・・。
  昨年、艇の配送便が事情で(海運会社からの変更指定)
 違ったことで、現地受け取り&返送のトラブルでかなり苦労
 した事が思い出され、なんか”やばいな〜”という予感が!

  輸送費用ですが、主催側からは大阪〜奄美往復¥19.000
 事前に連絡いただいていましたが、直前に¥13.000
 なりました〜との事!元ちとせライブを引っ張ってきたから
 大口のスポンサーでも付いたかな〜と思う私でした。
  (参加者の輸送料は割引補助が付きます。車ごとフェリー
                  で行っても割引があります。)
 
まぁでも無事発送も終わり、後は自分が行くのみ!

7月4日(木)伊丹空港より奄美に出発!
今回はちょっと日程を奮発して、7月4日〜10日まで1週間の予定で奄美に出陣です。
奄美に台風6号接近!欠航もあるやもと思いながら、11時前大阪伊丹空港到着です。
一応、欠航はなさそうで、一安心して、荷物&パドルを預けて、チエックインv(^^)v
奄美はMola mola部隊4名(私Aqua-Moto,アニマル氏,YuYu嬢、Kaeちゃん)で行きますが
仕事の都合でアニマル氏、YuYu嬢が6日からしか来れず、私とKaeちゃんの2人で前乗りです。


無事台風での欠航もなくひと安心であります。
11時50分大阪伊丹空港発JASに乗り込みウキウキ
機内アナウンスでは”天候により引き返す事もあります”と・・


思いっきりベタな南国使用の私であります。(写真でか〜)
いつもですが、旅の初めはうきうき!
待ってろ奄美

☆奄美空港無事到着☆


到着ロビーにはマングローブカヌーツアーなどの
紹介展示ブースが設けられていました。
ど〜んと真中にWF社のタンデム艇が〜〜〜

 台風の影響も無く!無事奄美空港に到着する事が出来ました
 しかし、奄美は台風の影響で荒れています。時より吹く強風
 海は高波が砕け、白〜くなっています。、まぁ到着時は
 雨は降っていなく、気分も上々?で旅を始めます。

 空港から大会開催地、瀬戸内町古仁屋まではバスを乗り継ぎ
 行きます。 空港より名瀬市まで行き名瀬市で乗り換え
 古仁屋まで、乗り継ぎ時間を入れておよそ3時間ちょいの
 バス旅行です。


空港到着は1時半過ぎ、瀬戸内古仁屋直行バスは
3時過ぎに有るとの事でしたが、バスの運ちゃんに聴くと
この2時発名瀬行きのバスに乗って乗り換えをした方が
早いよ〜。との事だったので、乗ります。
パドルが邪魔?です・・・。


途中大荒れの海岸
写真ではなんとなく伝わりにくいですがかなりの波が
押し寄せていました。
バス内は平日と言う事もあるのか?ガラガラでした。快適


1時間程バスに揺られ名瀬市のバスセンターに到着!
ここで瀬戸内町古仁屋行きのバスに乗り換えます。
乗り換えまで40分程ありました。


乗り換え待ち時間にお散歩しました。
名瀬港です。 入り江穏やかですがそれでも
時よりうねりが入ってきていました。海じゃ〜。
(バスセンターの直ぐ近くです。)


       Next